「パープルラス + CCD」の組み合わせが最強すぎる!管理人おすすめのワークアウトドリンクを紹介

今回は僕が飲んでいるワークアウトドリンクを紹介しようと思います。

昔は色々混ぜたりして試行錯誤していたんですが、現在は「Purple Wraath + CCD」という

たった2つのサプリメントの組み合わせに落ち着きました。

我ながらこれは最強の組み合わせだと思うので、紹介したいと思います。

そもそもワークアウトドリンクって何?

そもそもワークアウトドリンクという言葉を知らない人もいるかも知れませんね。

ワークアウトドリンクというのは、トレーニング中に飲むことでパフォーマンスを向上させてくれる飲み物のことです。

ワークアウトドリンクに混ぜる成分としては、BCAAが一番の鉄板ですね。

ジムに通っている人なら、上級者のトレーニーがピンクや青色をした毒々しい色のドリンクを飲んでいるのを見かけたことがあると思いますが、あれはたいてい海外のBCAAの色です。

他にもカーボやアルギニン、ベータアラニンなんかも定番の成分ですね。

サイトの方に詳しく書いているので、もっと知りたいという方はそちらを見てください。

「Purple Wraath + CCDドリンク」の組み合わせに行きついた

色々試してきましたが、結局行きついたのがこの2つサプリの組み合わせです。

Purple Wraath(写真左)とCCDドリンク(写真右)。

どちらも色々な成分が色々含まれているマルチタイプのサプリですが、主成分としては、Purple WraathはEAA(必須アミノ酸)、CCDはカーボ(糖質)です。

ここで一部の読者は「あれ?なんでBCAAじゃなくてEAAなの?」って疑問を持たれるかも知れませんね。

実際、僕も以前まではBCAAをメインにしていました。

でも、そもそもBCAAって必須アミノ酸9種類のうち3種類しか含まれていないわけでよね。

「それなら9種類全部摂れるEAAの方がええやん?」っていう考えで現在はEAAをメインの成分にしています。(まあ実際はもうちょっと色々考えてますけど、大体こんな感じです(笑))

CCDはクラスターデキストリンという最も吸収効率が良いタイプのカーボです。

カーボ源としては、安いということで粉飴を使っていた時期もありましたが、個人的にはCCDの方がパンプ感エネルギーが漲っている感覚が得られるので、現在はCCDを利用しています。

なぜこの2つの組み合わせが最強なのか

EAA+クラスターデキストリンという組み合わせがそもそも最強

さきほども書きましたが、ワークアウトドリンクの成分としては、BCAAよりはEAAの方が良いし、マルトデキストリン(粉飴)よりもクラスターデキストリン(CCD)の方が良いと思うわけです。

筋肉の分解を防ぎ、パフォーマンスを向上させるという点では、この2つの組み合わせが最強だと思っています。

ただ、BCAAの集中力向上効果は得られないので、そこを重視する人はBCAAの方が良いでしょうね。

ワークアウト中に摂りたい成分が全部摂れる

この2つのサプリは色んな成分を含んでいるので、EAAとクラスターデキストリン以外の摂りたい成分も全部摂ることが出来ます。

  • Purple Waath:アルギニン、シトルリン、カルノシン、ベタイン等
  • CCD:クエン酸、ナトリウム、カリウム等

アルギニンやシトルリンはパンプの増大、カルノシンは持久力の向上、クエン酸は疲労回復などに効果がある成分です。

ナトリウムやカリウムはトレーニング中に汗で失われる塩分を補給するのに欠かせません。

Purple WaathとCCDの組み合わせで、個人的に重要視しているこれらの成分が全部摂れてしまうので、やはりこの組み合わせは最強だと思うわけです。

めっちゃ美味しい

この2つの組み合わせ、なんと言っても美味しいんです。

Puple Wraathはグレープ味、CCDは甘めのスポーツドリンクのような味で、混ぜるとほどよく甘いグレープジュースのような味になります。

セット間のレストに美味しいドリンクを飲むと、個人的には集中力が復活しますし、やる気も漲ります。

色々なサプリの組み合わせを試しましたが、これはかなり美味しいです。

コスパが良い

Purple Wraathは大体10,000円/kg、CCDは2,000円/kgです。

僕の使用量だと、一回のトレーニングでPurpleWraah20g、CCD30gぐらい消費するので、一杯あたりの単価は250円ぐらいです。

これを高いと思うか安いと思うかは人によると思いますが、僕は安いと思います。

水だけを飲んでトレーニングをするときよりも明らかに力が漲りますし、あんまり疲れないのでトレーニングの質は確実に上がっています。

また、理論的には筋肉の分解が抑えられ、合成が促進されるので、それだけでも飲む価値はあるかと思います。

ワークアウトドリンクの作り方

普段僕がワークアウトドリンクを作るときの手順を説明していこうと思います。(と言ってもただ混ぜるだけなんですが・・・)

まずは、パープルラスを付属のスプーンで二杯(約20g)入れます。

これでEAAが15gぐらい摂れます。

1スクープでもいいですが、EAA7gではちょっと心もとないので2スクープにしています。このあたりはお好みで!

次に、CCDを付属スプーンで3杯入れます。

スプーン1杯が約9gなので、気持ち大盛りで入れていけばこれで30gです。

ちょっと多いと思われる人もいるかも知れませんが、トレーニング中のカーボの摂取は脂肪になりにくいので大丈夫です。

詳しく知りたい方は下の記事を読んでください。

本当はトレーニング中~後にかけて体重×1g程度摂取したいので、30gでも少ないくらいです。

ちなみに僕はバルクアップ期であれば、トレ後にプロテインと一緒にさらに40gほど摂取します。ちなみにそのときは価格の安い粉飴を使います。

さて、少し話が逸れましたが、後は水を500ml入れて混ぜたら完成です。

一気に満タンまで水を入れるとシェイクできなくなるので、7割ぐらい入れたところで一旦シェイクするのがポイントです。

今日もこれを飲んでトレーニングをしましたが、美味しいし力も漲るし最高です。あとめっちゃパンプします。

ブルガリアンスクワットで脚がパンパンになりました。

最後に

以上でおすすめのワークアウトドリンクの紹介は終わりです。

美味しいしトレーニングの質も高まるので興味がある方は是非お試しあれ。

最後にパープルラスとCCDのリンク貼っときます。