スクワット160kg×5レップで記録更新!

本当は昨日胸と三頭のトレーニングをしたんですが、写真も動画もないので割愛します。

今日はジムでスクワットとレッグカールだけして帰って、残りは自宅でトレーニングしました。

どうしても今の家があるうちに種目の撮影をしておきたいので、もう必死です(笑)

スクワットの方はしゃがみがやや浅いながらも、160kg×5レップが上がり記録を更新することができました。

パラレルまではしゃがめているので、まあギリギリセーフということで(笑)

これでMAX180kgは固いかな?

果たして3月中にBIG3トータル520kgは達成できるのか?!

あと一週間でどこまで伸ばせるかが勝負です。

本日のトレーニング

日付:2017年3月23日

部位:下半身+二頭

場所:ジム&自宅

スクワット

1セット目:160kg×5レップ

2セット目:160kg×2レップ

3セット目:150kg×5レップ

4セット目:150kg×4レップ(5レップ目潰れ)

5セット目:130kg×5レップ

レッグカール

1セット目:90lb×8レップ

2セット目:90lb×6レップ

3セット目:70lb×8レップ

ルーマニアンデッドリフト

1セット目:100kg×10レップ

2セット目:90kg×10レップ

3セット目:90kg×10レップ

ヒップスラスト

1セット目:100kg×10レップ

2セット目:90kg×10レップ

3セット目:90kg×10レップ

バーベルカール(ワイドグリップ)

1セット目:35kg×10レップ

2セット目:30kg×8レップ

3セット目:30kg×8レップ

インクラインダンベルカール

1セット目:10kg×10レップ

2セット目:10kg×8レップ

3セット目:10kg×8レップ

ハンマーカール

1セット目:15kg×10レップ

2セット目:12.5kg×10レップ

3セット目:12.5kg×10レップ

スクワットは力を入れずに立ち上がる感覚を掴めた

記録を伸ばすためには『いかに無駄な力を使わずに挙げるか』が重要と言われます。

これは筋肥大を目的としたトレーニングにおける『いかに効かせるか』とは対極の考え方です。

今日スクワットの3セット目ぐらいをこなしているとき、「あれ、今凄く楽に立ち上がれたぞ?」という瞬間がありました。

あれが恐らく力を入れずに立ち上がる感覚なんだと思います。

あの感覚で毎回上げることができれば、もっと記録が伸ばせそうな気がしました。

明日はデッドリフトの予定だし、一日ぐらい間を空けたいので次スクワットするのは月曜日かな?

いやー早く練習したい!

ヒップスラストはやっぱりケツに効く!

僕的には下半身の必須種目であるヒップスラストですが、やっぱり効きますね~

これ以上のケツの種目はないでしょう。

最近はBIG3メインであまりやれていなかったので、100kgでちょうど良いぐらいでした。

それにしてもピュアライズのインクラインベンチはちょっと台が高いですね。

ヒップスラストをやるときは肩甲骨をベンチに乗せるんですが、台が高くてスタートポジションに持っていくのが結構大変&動作しにくかったです。

以前使っていたリーディングエッジのフラットベンチはいい高さだったんですがね~

まあしかし、自宅でヒップスラストをやる人なんてそうそういないと思うので、普通なら出ない不満でしょうね(笑)

ピュアライズのインクラインベンチは安いし安定感があるし、めちゃくちゃおすすめです。

ただしヒップスラストはやり辛いぞと釘を刺しておきます(笑)

インクラインダンベルカールのベンチの角度は45度ぐらいがベストか

インクラインダンベルカールは二頭の必須種目だと分かっていながらも、あまりやり込んでこなかった種目なので、今日はベンチの角度を色々試してみました。

僕の感覚としては45度よりは深く倒さないと、二頭がストレッチされていない気がしました。

ただ倒しすぎるとストレッチが強すぎてちょっと断裂が怖くなったので、45度ぐらいがちょうど良いかなと思いました。

この種目は本当しっかりやり込まねば・・・

とまあそんな感じで、今回はここまで!