僕がハイカーボでの減量を選択した理由について説明します!パフォーマンスを落とさずに減量するならハイカーボがおすすめ

今回減量を行うにあたって、僕はハイカーボでの減量を選択しました。

色々メリット・デメリットを考えて決めたことなので、その経緯や今回調べたことについて詳しく書いて行こうと思います。

そもそもハイカーボって何のこと?

いきなりハイカーボとか言われても良く分からない人も多いと思うので、はじめに簡単に説明しておきますね。

そもそも減量とは、カロリー収支をマイナスにする(=摂取カロリーを消費カロリーより減らす)作業です。

あらゆる栄養素の中でもカロリーを持つのは三大栄養素だけなので、減量とは結局は三大栄養素の摂取量を減らす作業ということになります。

三大栄養素とは、

  • タンパク質(Protein)
  • 脂質(Fat)
  • 炭水化物(Carbohydrate)

の3つの栄養素のことです。これら3つの頭文字を取ってPFCとも呼ばれます。

つまりカーボとはCarbohydrateの略で炭水化物のことです。

したがって「ハイカーボでの減量」というと、「炭水化物を多く摂る(脂質をほとんど摂らない)減量」という意味になります。

タンパク質の摂取量は減らしてはいけない

減量とは三大栄養素の摂取量を減らす作業だと述べましたが、その中で絶対に減らしてはいけないものがあります。

それはタンパク質です。

減量中は慢性的ににエネルギー不足の状態になるので、身体は燃費の悪い筋肉を真っ先に分解しようとしてしまいます。

そんなときに筋肉の材料であるタンパク質の摂取量を減らしたら、物凄い勢いで筋肉が減っていってしまいます。

ただ体重を減らしたいだけのダイエットならそれでも構いませんが、筋量を維持して脂肪を選択的に落とす減量がしたいのなら、タンパク質の摂取量は減らしてはいけません。

バルクアップのときと同様に体重×2g程度は摂るべきです。

炭水化物と脂質を同時に減らしてはいけない

タンパク質を減らさないとなると、炭水化物と脂質を削って摂取カロリーを減らすことになります。

このとき絶対やってはいけないのが「炭水化物と脂質を両方とも減らす」という方法です。

これは減量で一番多い間違いです。

本当は「炭水化物のみを減らす(ローカーボ&ハイファット)」もしくは「脂質のみを減らす(ハイカーボ&ローファット)」のどちらかにするべきなのです。

僕自身も以前は何も知らないまま、両方同時に減らすという間違った方法で減量を行っていました。

実はこの方法だと筋肉が非常に減り易くなってしまうのです。

なぜ両方同時に減らしてはいけないのか

普段我々の身体は炭水化物(糖質)をメインのエネルギーとして使うシステムが働いています。

したがって、脂質をほぼ完全にカットしても、糖質さえ十分に摂取していればエネルギーは問題なく作りだすことができます。

逆に、糖質をほぼ完全にカットした場合は、脂質から作られるケトン体という物質をエネルギーとして使う仕組み(ケトーシス)に身体のシステムが切り替わるため、この場合も問題なくエネルギーを作りだすことができます。

問題は糖質と脂質を両方同時に減らしてしまった場合です。

この場合、身体のシステムはケトーシスには切り替わりません。

したがって、脂質をエネルギーとしてあまり使えないにも関わらず、糖質の摂取量が少ないという困った状況になってしまいます。

そうなると身体は糖が足りない状態(低血糖)になり、筋肉のタンパク質を分解して無理やり糖質を作り出すことになります。

これが糖新生という仕組みです。

糖質と脂質を同時に減らしてはいけないのは、この糖新生による筋肉の分解を極力抑えるためなのです。

それぞれの減量法のメリット・デメリット

さて、それではハイカーボとローカーボにはそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

メリット・デメリットについて整理しておきます。

ハイカーボのメリット・デメリット

ハイカーボで減量をする一番のメリットは、パフォーマンスを維持しやすいということです。

筋肉の主なエネルギー源は筋グリコーゲン(筋肉に貯蔵された糖質)なので、糖質を多く摂っていれば減量をしていても筋力は落ちづらくなります。

これは瞬発系の競技をしている人にとっては大きなメリットです。

また、脂質の割合を減らすといっても身体の働きを正常に保つために摂取カロリー全体のうち最低でも15%程度は脂質から摂る必要があるため、そこまで食材選びに神経質になる必要もありません。

したがって食事面のストレスは割と小さいです。

デメリットとしては、テストステロンなどのホルモンの分泌量が下がってしまうことが挙げられます。

脂質はホルモンを作る材料となるため、脂質を減らすとホルモンをうまく作れなくなってしまうのです。

しかし、減量期間が長くなりすぎなければそこまで大きな問題はないようです。

ローカーボのメリット・デメリット

ローカーボで減量するメリットとしては、血糖値が安定するため空腹感を感じにくいことや、ホルモンの分泌量が下がりずらいことなどが挙げられます。

一方で、筋力が落ちてしまいやすいことが一番大きなデメリットだと思われます。

筋肉のエネルギー源であるグリコーゲンを補充出来ないため、どうしても力が出なくなってしまうのです。

そのため、瞬発系の競技をやっている人はシーズン中の減量をローカーボで行うのは避けた方が良いでしょう。

しかし、ローカーボの食事により持久力が向上するという話もあり、持久系の競技者にとってはこちらの方が良い可能性もあります。

また、食事内容にかなり気を使う必要があるのもローカーボの辛いところです。ごはんやパスタなど安価なカロリー源を摂ることができないので食費も高くなりがちです。

僕がハイカーボでの減量を選んだ理由

前置きが長くなりましたが、いよいよ本題です。

僕が今回ハイカーボでの減量を選んだ理由は、以下の3点です。

  1. 使用重量を落としたくなかった
  2. ラグビーのシーズン中なのでパフォーマンスを落としたくなかった
  3. 飲み会が多いのでローカーボは現実的ではなかった

1. 使用重量を落としたくなかった

扱う重量が落ちるとトレーニングのモチベーションが下がるので、できれば減量中も使用重量を落としたくないという想いがありました。

また、僕は「使用重量が落ちてしまうと身体はその筋力を発揮するのに必要な分の筋肉しか残さない=筋量が落ちる」と考えているので、そういう意味でも使用重量は落としたくありませんでした。

実際今のところ減量5週目で-4.1kgほどですが、使用重量は全く落ちておらず、むしろ若干伸びているぐらいです。

ワークアウトドリンクやトレーニング直後に飲むプロテインには糖質を混ぜているので、減量中ですがパンプもガッツリします。

僕自身はローカーボでの減量はまだしたことがないのですが、ネットでの体験談や知人の話を聞いている限りでは、ローカーボだとこうはいかなかったでしょう。

2. ラグビーのシーズン中なのでパフォーマンスを落としたくなかった

減量開始が12月ということで、ラグビーのシーズン真っただ中でした。

12月は毎週試合があったのですが、そこでのパフォーマンスを落としたくなかったというのもハイカーボを選択した理由の一つです。

特にラグビーはコンタクトスポーツなので筋力を絶対に落としたくありませんでした。

体重は落ちても筋力さえ維持できていればなんとかなりますが、体重と筋力両方落ちてしまうとさすがにパフォーマンスを維持することができなくなります。

3. 飲み会が多いのでローカーボは現実的ではなかった

12月は忘年会シーズンなので、どうしても飲み会が多くなります。

飲み会にいくと出てきた料理を食べることになりますし、ビールだって飲みます。

お酒を飲むと締めにラーメンを食べる流れになったりもします。

そういったことを考えると、ローカーボでの減量は現実的ではありませんでした。

ローカーボの場合はケトーシスを維持する必要があるので、飲み会の度に炭水化物を大量に摂ってケトーシスを抜けてしまっては、もはや減量にならないからです。

メリット・デメリットを考慮した上で自分に合った減量法を選ぼう

僕は色々考えた結果、上記のような理由で今回ハイカーボでの減量を選択しました。

僕のように瞬発系のスポーツをやっている人や、飲み会の多い人にはハイカーボでの減量がおすすめです。

しかし、人によって置かれている環境や生活習慣は当然異なりますし、体質によってもハイカーボが合う人、ローカーボが合う人というのもいると思います。

それぞれのメリット・デメリットを考慮した上で、自分に合った減量法を選ぶようにしましょう。

管理人おすすめの筋トレ用品を紹介!

管理人おすすめの筋トレ用品を紹介!

管理人が実際に飲んでいるサプリメント、おすすめの筋トレ関連書籍などについては以下のリンク先にて書いています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする